チームジャパンに聞く: 中村俊介、山下珂歩/ 永田裕人​、岸本彩良 / 田村篤彦 各選手が新プログラムと23-24シーズンについて語る

チームジャパンに聞く: 中村俊介、山下珂歩/ 永田裕人​、岸本彩良 / 田村篤彦 各選手が新プログラムと23-24シーズンについて語る

To read the English version, click here

新シーズンを前に、男子シングルスの中村俊介選手、アイスダンスの山下珂歩/ 永田裕人、岸本彩良 / 田村篤彦各選手に話を聞いた: 前シーズン国内、国外で活躍した各選手は、今季の大会に向けて準備を重ねている。去年のプログラムをさらに磨きあげ、あるいは新たなプログラムを作り、技術性と芸術性の両面を意識しながら、去年の成果を生かし、さらなる好成績を目指して奮闘中だ。

中村俊介選手

shunsukejgpf

昨年のジュニアグランプリファイナルでは、中村俊介選手は、イタリアのニコライ・メモラ、アメリカのルーカス・ブルサール、そして中村選手の日本のチームメートである吉岡希に次ぎ4位となり、惜しくも表彰台を逃した。「ジュニアグランプリファイナルは目標の一つでもあったので、出場できたことがとっても嬉しかったのですが、表彰台も狙えた内容だったので悔しさもありました」と 語ってくれた。表彰台を目指した全日本ジュニア選手権でも4位となり、「一年を通すと悔しいシーズンになった」と中村選手。しかし、今年はさらなる向上を目指す。今シーズンの目標と夢は「全日本ジュニア、JGPF、世界ジュニアで勝つこと。

中村選手は昨年と同じショートプログラム『El Conquistador』で23-24シーズンを迎える。この決断の理由について、「ショートは自分自身大好きでもうワンシーズンかけてブラッシュアップした演技をしたいと思ったからです」と答えてくれた。

今、特に練習したり、磨きをかけている要素は何ですか。

ジャンプに関しては4回転トゥーループと4回転サルコーでプログラムはとくにステップと繋ぎを意識して練習してきました。

今季のフリープログラムは『ナザレの子』:アメリカの元スケータージョニー・ウィアーが滑った曲でもあり、そのプログラムが好きで「とっても滑ってみたかった。」プログラムの振り付けのために振付師宮本賢二氏のもとへ行き、「指先まで気を配りながら、音楽をしなやかに美しく表現することに取り組んだ」と語ってくれた。

今季の衣装はどんな感じになりますか。

ショートは昨年と同じで、フリーは青系です。

指先まで気を配る:中村選手はこういった細かいところまで今季観客に見てもらいたいと思っている。ショートプログラムのために「ステップをとにかく練習してきた」中村選手は観客に「音楽にあった踊りを見て欲しいです」と意気込む。新しい『ナザレの子』のフリープログラムに関しては「曲の変化を意識して表現を変えるように努力するのでそこを見て欲しいです。

301573286_789139162233572_3952468687056174070_n
© Shunsuke Nakamura | Instagram

技術的な面、あるいは芸術的な面で刺激になっている選手、あこがれのスケーターは誰ですか。

憧れの選手は高橋大輔さん、羽生結弦さん、宇野昌磨選手です。刺激になっている選手は三浦佳生選手です。

中村選手はジュニア・グランプリに二回(大阪とエレバン)出場する。大阪で自国の観客の前で演技をすることを今から最も楽しみにしている。

山下珂歩選手/ 永田裕人選手

kaho_yuto
© Kaho Yamashita and Yuto Nagata | Instagram

昨年の全日本ジュニア選手権で3位となったアイスダンスの山下珂歩と永田裕人選手にとっては、前シーズンは「アイスダンスに対する考え方が大きく変化した」一年だった。練習拠点を倉敷FSCに移し、環境も変え「よりコーチや家 族、沢山の方々に協力をして頂いた」と語ってくれた。同じリンクで練習をするアイスダンスの吉田唄菜選手と森田真沙也選手はよく話す仲間でもあり、刺激にもなっている。また、二人にとって技術的にも芸術的にも憧れのスケーターはたくさんいるが、「特にLilah Fear & Lewis Gibson のお2人が好きです」とイギリスのアイスダンスチームの名をあげた。

今季のフリーダンスではコーチと相談しながら決めた曲「Anytime Anywhere – Beethoven Scherzo」で滑る山下選手と永田選手。新プログラムの振り付けについて尋ねると、「前半と後半でテーマがあり、観て下さる皆様に伝えられるように取り組んでいます」と答えてくれ、フリーダンスのテーマを「光と影」と表現した。

「[フリーダンスは]今までとは違い、シニアを見据えた大人っぽい曲なので、滑りや身体の表現に重みを出す事や、演技中に隙が見えてしまわない様にする事に苦労しています。更に良いプログラムにして、大会等で披露するのが楽しみです。」

話した時二人が一番楽しみにしていた大会は、初めての海外での出場となった8月10日-13日にカナダで行われたケベックサマー杯だった。この大会では山下選手と永田選手はリズムダンス、フリーダンスともに4位の成績を上げ、総合でも4位となった。特にリズムダンスでは新曲を披露し、『Whip It/Africa/Love Shack』に合わせた強い演技を見せた。全く違うスタイルのリズムダンスとフリーダンスを滑って見せることで、彼らの表現力の幅を世界の観客に十分見せきることができた。

kaho_yuto2
© Kaho Yamashita and Yuto Nagata | Instagram

今季の衣装はどんな感じになりますか。

フリーダンスは2人とも紫をベースにした衣装で、リズムダンスは80年代ファッションをイメージしたカラフルな衣装です。

「今は、フリーダンスもリズムダンスも全体的な完成度を上げる事を意識して練習しています。特にステップを重点的に練習しています」と語ってくれた。いろいろな要素をより高めようと日々励んでいる山下選手と永田選手、シーズンを通して彼らの成長を見るのが楽しみだ。

岸本彩良選手 / 田村篤彦 選手

sara_atsu2
© Sara Kishimoto and Atsuhiko Tamura | Instagram

同じくアイスダンサーである岸本彩良 と 田村篤彦 にとって、昨シーズンは組み始めて最初の年だった。有名なスケーターを輩出しているIce Academy of Montréalに2022年の夏から拠点を移した二人は、全日本ジュニア選手権では2位となり、シーズンの最後には国際大会に出場し、「とても濃密で楽しい1年間」になった。

今季岸本選手と田村選手が滑るリズムダンスは『Mr. Roboto』:選曲について2人は、「みなさんに楽しんでもらえるような曲探している時にマリー先生が私たちにぴったりの曲を見つけてきてくれました」と語ってくれた。フリーダンスは、昨年から滑っているプログラム、『パルプフィクション』で、「デビューの年にインパクトを残せる曲として選びました」。このフリーダンスは、ファンの中でも大人気となり、Youtube では数百万回も見られたプログラム、二人の長所であるダイナミックな動きと表現力が見どころだ。「それぞれの曲のキャラクターになりきれるように、練習以外でもイメージしながら過ごしていました。」

今季のリズムダンス、フリーダンス、それぞれの見どころは何ですか(特に観客・ファンの方々に注目してほしいところを教えてください)。

リズムダンスは、ユニークな振り付けが見どころです。フリーダンスはリフトやツイズル、特に最後のパートが見どころです。

今特に磨けをかけている要素はあるかとの問には、岸本選手と田村選手は「パターンダンスでレベル4を取れるように、他には新しいリフトを開発中です!」と答えてくれた。

© Sara Kishimoto and Atsuhiko Tamura | Instagram

今季の衣装はどんな感じになりますか。

リズムダンスは灰色の見てすぐにわかるような衣装です。フリーダンスは持ち越しなので、同じです。

リズムダンス、フリーダンスをそれぞれ一言で言い表していただけますか。

リズムダンスはロボット、フリーダンスは泥棒ですね。

二人は最近行われたケベックサマー杯に出場し、リズムダンスで1位、フリーダンスでは3位となり、総合1位となった。特に新しいリズムダンスではエネルギッシュな振り付けを見せ、プログラムの世界感を表現した。岸本選手と田村選手は9月にジュニア・グランプリに初出場:大阪とグダンスクの両大会で滑る予定だ。去年の躍進を土台にし、今季は「世界ジュニアTOP10、グランプリファイナルに出ること」を目指す。

Like this article? Share it!

Leave a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

The Future of Pairs (Part 2)

Over the last year, I have been investigating how to grow interest in pairs skating. In this second part of the series, I talked to skaters and coaches about what motivates them, and the barriers that hamper the growth of the discipline.

Read More »